黄色系の花々(1)
キバナシャクナゲ

ハイマツ帯の林緑や岩礫地などに生える、高さ20〜50cm程の小低木。ツツジ科。開花期は7月上旬〜8月中旬。
ミヤマキンポウゲ ミヤマキンポウゲ

高山帯、亜高山帯に生える、高さ10〜30cm。ツツジ科。開花期は7月中旬〜8月中旬。
オオバキスミレ オオバキスミレ

大型のスミレで亜高山帯から高山帯の湿った草地に生える、高さ15〜30cm程の小低木。スミレ科。開花期は7月上旬〜8月上旬。

シナノキンバイ シナノキンバイ

高山帯の草地や礫地などに生える、高さ20〜50cm程の小低木。キンポウゲ科。開花期は7月上旬〜8月上旬。
カキラン

ラン科、日当たりの良い湿地に生える多年草。開花時期は6月から8月で花の色が柿色である。東赤石山で撮影する。

ウサギギク ウサギギク

高山帯の草地や砂礫地に生える、高さ15〜35cm。キク科。開花期は7月中旬〜8月中旬。
ミヤマダイコンソウ ミヤマダイコンソウ

高山帯の岩礫地に生える、高さ15〜30cm程の多年草。バラ科。開花期は7月中旬〜8月上旬。
オオバミゾホウズキ

花は唇形で一見スミレ類の花に似ているが花弁が離れていない。高さ10〜30cm。ゴマノハグサ科。開花期は7月中旬〜8月中旬。妙高山にて撮影する。
ホソバノキソチドリ

山地帯から高山の草地に生える、高さ5〜15cm程の多年草。ラン科。開花期は6月〜7月。妙高山にて撮影する。


キレンゲショウマ

キンポゲ科、剣山の行者場や筒上山に群生し7月下旬
から8月上旬に咲く。宮尾登美子の小説「天涯の花」で有名。東赤石山登山口の筏津山荘で撮影する。


Back
inserted by FC2 system