東鳳翩山(山口県) 標高743m

2006年1月8日(日) 天候:晴れ

天花公園駐車場→(15分)→二つ堂登山口→(95分)→山頂→(40分)→ナマナマコース分岐→(50分)→
錦鶏の滝(雄滝)→(30分)→天花公園駐車場

合計コースタイム:230分(3時間50分)
「かずさん」が初日の出を見に行かれた新百名山の東鳳翩山へ3連休の中日に出かけた。
一の坂ダムから望むと雪が相当ありそうで期待に胸が膨らむ。天花公園の駐車場に車を置き二つ堂コースを登ると6合目あたりから登山道に雪が見えはじめる。21世紀の森からのコースとの分岐からは雪が多くなり頂上は約30cmの積雪であった。西鳳翩山、山口市街、瀬戸内海が望め展望は360度。風があるので少し下ったところで昼食を摂りナマナマコースを下る。
ナマナマコースは踏み跡は無く岩の上は滑るので注意が必要です。倒木が多く沢を何度も渡って不動明王と大黒天が守っている錦鶏の滝に到着する。錦鶏の滝から車道に出ると通行止めの標識がありビックリするが暫く行くと土砂崩れ注意の標識があり何とか通れそうで安心する。
ナマナマコース登山口には広い駐車場がありここから北に萩往還の石畳が始まっている。
車道を天花公園に向かい帰路に着く。
一の坂ダムから東鳳翩山を望む
天花公園駐車場
二つ堂コース登山口
ツルリンドウの実
6合目あたりから雪・・・
21世紀の森からのコースとの分岐
分岐から頂上へは雪が多い
頂上からは360度の展望
頂上直下で風を避けて昼食
(左の山頂に登山者あり)
ナマナマコースへの分岐
(右が二つ堂コース)
ナマナマコースは倒木が多い
沢を何度も渡る
冬イチゴの赤い実
錦鶏の滝にある不動明王
錦鶏の滝(雄滝)
錦鶏の滝から車道に出ると
土砂崩れ箇所あり
ナマナマコース登山口付近は
萩往還の石畳が萩方面に続く
ナマナマコース登山口駐車場
inserted by FC2 system