氷ノ山  標高1,510m (鳥取・兵庫県)

2009年10月24日(土) 天候:曇り

福定親水公園登山口8:35→(55分)→地蔵堂→(65分)→氷ノ越→(60分)→コシキ岩(15分)→頂上・昼食11:50〜12:30→(25分)→神大ヒュッテ→(75分)→東尾根休憩小屋→(25分)→東尾根登山口→(40分)→福定親水公園登山口15:15

合計コースタイム:360分(6時間)


★写真を撮りゆっくり歩きましたのでタイムは多めです。
金曜日の夕方出発して竜野西SAに車中泊する。土曜日早朝SAを出発して登山口のある福定親水公園に
8時過ぎに到着する。既に公園の駐車場は満杯状態でしたが、どうにかスペースを確保して駐車する。
登山届けを記入し川沿いに進むと木の間越しに布滝が望まれる。九十九折りの登山道にはイワカガミの光沢のある葉が沢山あり暫くすると青いトタン屋根の地蔵堂に到着する。
さらに進み植林帯を過ぎ九十九折りの道を行くと氷ノ越になる。
ここは氷ノ山頂上、鳥取からの登山道、鉢伏山への縦走路の交差点で多くの登山者が休憩していた。氷ノ越から山頂への登山道脇は背の高いチシマザサが密生していて展望が利かない。
仙谷口を過ぎると前方にコシキ岩が聳え行く手を阻んでいるように見える。
コシキ岩の左に登山道があるが私達はコシキ岩に登って頂上に向かう。コシキ岩からは展望がよく登って来た登山道から鉢伏山への縦走路が見渡せる。階段状の道を登って避難小屋の立つ頂上へ到着する。
頂上は冷たい風吹いておりとても寒いので風を避けて昼食を摂り早々に東尾根側に下山する。神大ヒュッテから東尾根を下って行くと見事な紅葉が続く。
一の谷休憩所を経て東尾根休憩小屋に着き、ここからは階段ばかりなので長く感じた。東尾根登山口からはスキー場内の舗装された車道を歩いて福定親水公園に戻る。
氷ノ山は登山道が良く整備されており紅葉もタイミングよく素晴らしい山であった。
福定親水公園登山口(トイレあり)
木橋を渡る
木の間越しに布滝が見える
地蔵堂
但馬66地蔵・地蔵堂内部
「ひえの山 風吹く音を 聞くときは
        無情の嵐 今ぞ来たらん
ブナ林を行く
頂上が見えてきた
弘法ノ水
素晴らしい紅葉
紅葉を愛でながら行く
氷ノ越の氷ノ山越避難小屋
ツルリンドウの残り花
ブナの原生林
鉢伏山とスキー場
コシキ岩
コシキ岩を登る
コシキ岩から登って来た登山道を望む
氷ノ山頂上の避難小屋
(直下にトイレあり)
頂上より東尾根へ下る
神大ヒュッテ
ヒュッテからの下りは幅広い
チシマザサに紅葉が映える
人面岩
ブナの幹に熊の爪あと
素晴らしい紅葉
ワンダフル!!!感動!!!
 
紅葉の下山道を行く
東尾根休憩小屋
東尾根登山口への下りは階段ばかり
東尾根登山口に到着        
ここからは舗装車道を歩く    
ナナカマドの実
(七回かまどに入れても焼け残ると言われている木)
オタカラコウ
ヨメナギク
福定親水公園登山口に戻る
掛け流し温泉・村岡温泉で汗を流す(¥500)
inserted by FC2 system