フウロロード

摩周岳(カムイヌプリ)  標高857m (北海道)

2011年6月29日(水) 天候:晴れ 

第一展望台登山口 7:45→(140分)→西別岳分岐 10:05〜10:10→(50分)→摩周岳 11:00〜11:30→(45分)→西別岳分岐 12:15〜12:20→(120分)→第一展望台登山口 14:20

合計歩行コースタイム:355分(5時間55分)



★ユックリ歩きなので時間は目安程度にしてください
第一展望台登山口に帰ってきた 14:20
トリアシショウマ

最後にもう一度摩周湖を・・・

バイケイソウ

チシマフウロ

ウコンウツギ

西別岳分岐 10:50〜11:25(1719m)

摩周岳(カムイヌプリ)857m 11:00〜11:30

エゾツツジ

火口壁が良く見える展望台?

いよいよ登りに差し掛かる

西別岳分岐

ゴゼンタチバナ

ツマトリソウ

クロバナハンショウヅル

なんとも言えない絶景だ!

スズランの残り花

コケモモ

なだらかな草原を行く

中間点を過ぎた

ヒオウギアヤメ

摩周岳が近づく

ミヤマカラマツ

第一展望台登山口 7:45出発

神秘的な霧の摩周湖

麓の街から見ると摩周湖方面はガスっているが第一展望台に行ってみる。湖面には薄く霧が掛かって神秘的。
摩周岳はガスが掛かって無いので登ることにする。
ブヨ、ダニが多いとの情報から北上前に購入した防虫ネットをつけて出発する。なだらかな湖の縁を暫く行くとチシマフロロードとなる。さらに進むと草原に出て前方に摩周岳を望みながら行くと西別岳分岐に到着する。
分岐を左に入るといよいよ斜度が増し途中数箇所からは火口全体が良く望める。頂上直下は、かなりの急斜面で東側から回りこむように登ると狭い頂上に到着する。
断崖の頂上からの展望は素晴らしく摩周湖はブルーに輝いていた。遠くに斜里岳、釧路原野も望めた。
帰りは往路を下る。今日の登山者は私達のみ。鈴を鳴らし笛を吹きながらであったが往復14.4kmの静かな山旅であった。
Next
Back

チシマフウロ

摩周岳の火口壁が見えてきた

ダケカンバ林を行く

頂上のみに咲くキクバクワガタ

摩周岳の火口壁が良く見える

富士山みたいな雄阿寒岳が望める

誰にも出会わないな〜あ

往路を引き返す

摩周岳頂上からの絶景

霧が晴れてきた

コケイラン

ハクサンチドリ

inserted by FC2 system