ミネズオウ
黒岳〜旭岳   標高1984〜2291m (北海道)

2014年7月3日(木) 天候:晴れ

層雲峡公共駐車場 5:45 →(ロープウェイ・リフト)→七合目 6:30→(100分)→黒岳 8:10〜8:25→(25分)→黒岳石室 8:50〜9:05→(45分)→お鉢平展望台 9:50〜10:00→(35分)→北鎮岳分岐 10:35〜10:45→(15分)→中岳 11:00→(20分)→中岳分岐 11:20→(35分)→間宮岳分岐 11:55〜12:10→(85分)→旭岳 13:35〜14:05→(75分)→姿見の池 15:20〜15:30→(15分)→姿見駅 15:45〜16:00→(ロープウェイ)→旭岳温泉駐車場 16:20

合計歩行コースタイム:450分(7時間30分)



★ユックリ歩きなので時間は目安程度にしてください
大雪山の黒岳から旭岳への縦走は長年の夢でしたが山友のお陰で実現しました。
層雲峡で山友と合流し旭岳温泉に行き車を1台旭岳温泉に置き層雲峡に戻って前泊しました。
ロープウェイとリフトで七合目に上がって歩き始めるとすぐに雪が出てきた。慎重に足を進める。急坂を登りきると黒岳頂上。目の前に広がる縦走路と残雪の山々に歓声があがる。
頂上から黒岳石室への登山道わきは、お花畑で写真撮影に夢中で足が進まない。予定時間を大幅に越えている。
黒岳石室からお鉢平展望台までは平坦な登山道で大パノラマと花畑を楽しみながら進む。小さな雪渓を登りきるとお鉢平展望台に到着する。お鉢が目の前に見え大迫力である。
雲の平から北鎮岳東面の雪渓を登りきると北鎮岳分岐に到着する。これからの行程時間を考えて北鎮岳はパスする。中岳分岐までは標高差の少ない稜線歩きで展望を楽しむ。少し登って行くと広い間宮岳分岐に到着する。前方の裏旭大雪渓を見ながら進む。手前でアイゼンを装着し長い雪渓を登る。頂上手前のザレ場が歩きにくい。頂上に着くとガスの切れ目から歩いてきた長い縦走路が確認できた。
旭岳頂上で記念撮影し地獄谷を右に見てガレた登山道を下る。姿見の池はまだ雪で半分覆われている。遊歩道をたどってロープウェイ乗り場に到着する。
天気に恵まれ念願の縦走が叶い大パノラマ、お花畑を堪能できて大満足でした。

カラマツソウ

急斜面を登って行く

旭岳ロープウェイ旭岳温泉駅 15:45
旭岳ロープウェイ姿見駅へたどり着く
旭岳を映す姿見の池 15:20
イワブクロ
旭岳石室
コケモモ
イソツツジ
ミヤマリンドウ
今も生きている!
姿見の池が見える
旭岳から下る
地獄谷から噴煙があがる
旭岳頂上から北海岳方面を望む
大雪山最高峰・旭岳頂上(標高2,291m) 13:35
雪渓を登りきるとガレ場で登りにくい
アイゼンを装着して雪渓を登る
裏旭の大雪渓
自衛隊さんも旭岳へ
エゾハタザオ
間宮岳頂上(標高2,185m) 11:50
旭岳へ向かう
間宮岳分岐 11:55
エゾノタカネヤナギ
エゾノイワツメクサ

石室を後に・・・

イワウメの大群落
中岳分岐 11:20
チシマクモマグサ
中岳頂上(標高2,113m) 11:00
中岳頂上へ
クモマユキノシタ
岩の造形美
中岳への稜線歩き
北鎮岳分岐 10:35
北鎮岳東面の雪渓を登る
イワウメ
雲ノ平を行く

コマクサ

層雲峡・黒岳ロープウェイ乗り場 6:00

リフト乗り場に向かう道路に咲く
     エゾムラサキツツジ

お鉢平展望台からお鉢平を望む
黒岳石室 8:50

お鉢平展望台 9:50

お鉢平展望台前の雪渓を行く

まさに桃源郷

残雪の山を背に・・・

エゾノツガザクラ

キバナシャクナゲの大群落

エゾコザクラ

ミネズオウ

黒岳石室手前の雪渓を横切る

チシマヒョウタンボク

メアカンキンバイ

チシマキンレイカ

エゾツツジ

黒岳山頂より今から行く縦走路を望む

黒岳山頂(標高1,984m) 8:10

エゾタカネスミレ

トカチフウロ(チシマフウロの白花)

ハクサンチドリ

クロユリ

Next
Back

リフト終点の七合目で登山届を提出 6:30

ロープウェイ終着駅からリフト乗り場に向かう

ジンヨウキスミレ

イワブクロ

早くも雪渓が現れる

inserted by FC2 system