右谷山 標高1234m(山口県)

2006年11月16日(木) 天候:曇り時々晴れ

寂地峡駐車場→(25分)→木馬トンネル→(70分)→タイコ谷分岐→(50分)→主稜線鞍部→(35分)→右谷山→(20分)→主稜線鞍部→(35分)→タイコ谷分岐→(55分)→木馬トンネル→(20分)→寂地峡駐車場

合計コースタイム:310分(5時間10分)


★写真を撮りながらゆっくり歩きましたのでタイムは多めです。
2年ぶりにこのコースを登る。前回は7月の暑い日で頂上で1組のご夫婦に出合ったが今回は誰にも出会わなかった。寂地峡は紅葉が見頃で土日にはさぞや賑やかであろう。
駐車場のトイレ横からキャンプ場を通り五竜の滝の階段を登ると木馬(きうま)トンネルに出る。真っ暗なトンネルを抜けると素晴らしい紅葉(このあたりは黄葉)と落葉の登山道には五つばかりの橋が掛かっている。水平な登山道をつめるとタイコ谷分岐、ここからジグザグに急坂を登ると主稜線鞍部に到着する。このタイコ谷の黄葉と紅葉はすばらしい。主稜線鞍部を右に行くとカタクリで有名な寂地山、左に行くと右谷山である。熊笹とブナ林の登山道は気持が良い。右谷山手前のピークには以前標識が無かったが智源山の標識がかけてあった。展望のきかない頂上だが落葉しているため展望があり、ここでランチタイムを楽しんだ。じっとしていると雲が日差しを遮って手がかじかむほど寒くなった。帰路、午後の日に照らされた紅葉はまばゆいほどの美しさで「きれい!」の連発だった。往路を下り深谷峡温泉(¥500)で入浴。
寂地峡駐車場(トイレあり)
五竜の滝入口
赤い手すりの階段を上がる
五竜の滝
五竜の滝をさらに登る
木馬トンネルを抜けるとそこは・・・
黄葉が目に飛び込んでくる
いくつかの橋を渡る
見事な黄葉!
紅葉真っ盛り
岩にへばりつくブナ
右谷山手前の智源山
右谷山山頂(1234m)
熊笹とブナの登山道
羅漢山を望む
黄葉の中を行く
タイコ谷分岐
青空に赤、黄、緑のコントラスト
輝く紅葉
深谷峡温泉(¥500)
inserted by FC2 system