瑞牆山   標高2230m (山梨・長野県)

2013年10月10日(木) 天候:晴れのちガス

瑞牆山荘前登山口 7:20 →(55分)→富士見平 8:15〜8:20→(150分)→瑞牆山 10:50〜11:50(昼食)→(130分)→富士見平 14:00〜14:10→(40分)→瑞牆山荘前登山口 14:50

合計歩行コースタイム:375分(6時間15分)



★ユックリ歩きなので時間は目安程度にしてください

瑞牆山荘前の登山口に到着 14:50

大岩によじ登ろうか・・・

往路を下って大岩わきを行く

頂上から登山道わきの岩峰群を望む

頂上からガスの合間に金峰山方面の岩峰を望む

瑞牆山頂上 10:50

頂上はあと一息

巨大な岩峰群

素晴らしい紅葉

岩峰群

アズマシャクナゲの群落地

紅葉が少しある

ミズナラ林の中を登って行く

富士見平小屋 8:15

瑞牆山荘前の登山口を出発 7:20

瑞牆山荘先の駐車場

駒ケ根から高遠を経由して茅野へ抜け北杜市の道の駅・白州で前泊して花崗岩峰の瑞牆山に登った。
増冨ラジウムラインから本谷釜瀬林道で瑞牆山荘奥の駐車場に車を停める。
瑞牆山荘前の登山口から登り始めて約1時間するとミズナラ林になる。ここは「やまなしの森林100選」に指定された富士見平のミズナラ林である。水場への標識を過ぎると小屋の建つ金峰山・瑞牆山の分岐・富士見平に到着する。
休憩をして分岐を瑞牆山方面に行き樹林の山腹を横切りながら下って行くと、天鳥川に到着する。水の無い河床を横切ってさらに進むと大岩が現れる。大岩の横を通って木製の階段を上がって行くとアズマシャクナゲの群生地になる。シャクナゲは頂上付近まで登山道そばにあり花の時期にはさぞ素晴らしいだろう。
傾斜がきつくなり岩を登って行くと大崩山にような岩峰が空に突き出している。されに進んでアズマシャクナゲの群生地をひと登りすると花崗岩の大岩からなる瑞牆山頂上に到着する。
生憎ガスが出て展望は無い。 本来なら金峰山、南アルプス、八ヶ岳連峰、富士山が展望出来るはずである。頂上で少し早目の昼食を摂り往路を下って瑞牆山荘前の登山口へ帰る。
その後、道の駅・信州蔦木宿の温泉で汗を流し車中泊する。
Back
Top

天鳥川を渡る

岩を登って行く

inserted by FC2 system