恵比寿大黒岩を見ながら行く

ガレ場には鎖が設置されている

Next
Back
那須岳   標高1917m (栃木県)

2015年10月1日(木) 天候:晴れ

峠の茶屋駐車場 6:20→(60分)→峰の茶屋跡避難小屋 7:20〜7:15→(55分)→朝日の肩 8:10→(10分)→朝日岳 8:20〜8:30→(5分)→朝日の肩 8:35〜8:40→(30分)→峰の茶屋跡避難小屋 9:10〜9:15→(30分)→姥ヶ坂 9:40〜9:45→(25分)→姥ヶ平 10:10〜10:15→(10分)→ひょうたん池 10:25〜10:30→(5分)→姥ヶ平 10:35〜10:40→(25分)→姥ヶ坂 11:05→(5分)→牛の首 11:10→(25分)→山頂分岐 11:35→(10分)→ロープウェイ山頂駅 11:45〜12:00→(5分・ゴンドラ)→ロープウェイ山麓駅 12:05→(10分・車便乗5分)→峠の茶屋駐車場 12:20

合計歩行コースタイム:305分(5時間5分)



★ユックリ歩きなので時間は目安程度にしてください

ロープウェイ山頂駅へ

茶臼岳分岐へ急ぐ
茶臼岳頂上の岩
牛ヶ首 11:00
ひょうたん池から茶臼岳を望む 10:25
姥ヶ平より木道を通ってひょうたん池に向かう
姥ヶ平に到着 10:10

姥ヶ坂より姥ヶ平へ下る 9:40

紅葉の中を進む

登山道から姥ヶ平を望む

噴煙の上がる噴気孔の近くを行く(無間地獄)

避難小屋から朝日岳を背に牛ヶ首に向かう

今から向かう茶臼岳方面

ガレ場を下る

覗き窓のような岩

頂上から麓を望む

頂上から三本槍岳(左のなだらかな山)方面を望む

朝日の肩 8:10

朝日岳頂上 8:20

朝日岳頂上へ

エゾリンドウ

前泊した道の駅から峠の茶屋駐車場に午前6時過ぎに到着する。駐車場奥の登山口に届を提出して出発する。
鞍部の避難小屋までは緩やかな勾配の登山道で朝日岳を眺めながら地元の人たちと談笑しながら登る。約1時間で峰の茶屋跡避難小屋に到着する。ここは強風で有名だそうだが今日は全く風がない。
避難小屋から朝日岳に向かう。
登山道わきにはエゾリンドウ、クロマメノキ等が癒してくれる。ガレ場には、しっかりした鎖が設置してあり良く整備されている。約1時間で朝日の肩に到着する。少し登ると朝日岳の頂上! 展望が良く茶臼岳、三本槍岳、麓まで見渡せた。予報では午後から天候が悪くなるというので三本槍岳への登頂は諦めて茶臼岳へ向かう。
避難小屋までの登山道は変化に富み少しスリルがあった。茶臼岳の右側をまいて噴煙が吹く無間地獄を過ぎるりと紅葉が広がる姥ヶ平が見えてくる。地元の方から勧められ姥ヶ平へ下りてみる。
約30分で一面紅葉の姥ヶ平へ到着する。ここが那須岳一番の紅葉スポットである! さらに先のひょうたん池へ向かうと池と茶臼岳が紅葉に映え素晴らしい。
姥ヶ平から牛ヶ首へ上り返し茶臼岳頂上への分岐へ向かう。この辺りから風が強く吹き始めたので登頂は諦めてロープウェイ山頂駅へ下る。(強風の為、ロープウェイが運休するかも?)
幸いにもロープウェイが動き出すと同時に山頂駅あたりはガスに包まれた。山麓駅から駐車場へは、山中で一緒になった横浜の若夫婦が車に乗せてくれて助かった。
那須岳は変化に富み紅葉も素晴らしい日本百名山であった。

登山道はガレている(今日は名物の風がない)

避難小屋から朝日岳へ向かう

峰の茶屋跡避難小屋 7:20

避難小屋が見えてきた

峰の茶屋への登り

登山口で登山届を提出する

峠の茶屋駐車場を出発 6:20

クロマメノキ(食べてみるとブルーベリーの味)

inserted by FC2 system