恐羅漢山  標高1346m (広島県)

2010年03月14日(月) 天候:晴れのち曇り
牛小屋駐車場9:00→(50分)→夏焼けのキビレ→(30分)→台所原分岐→(60分)立山分岐→(10分)11:35恐羅漢山・昼食12:30OSORA国設スキー場ゲレンデ→(70分)→牛小屋駐車場13:40

合計コースタイム:220分(3時間40分)


★写真を撮りゆっくり歩きましたのでタイムは多めです
3/10(水)に雪(なごり雪にしては大量)が降ったので今シーズン最後の雪山として広島県最高峰・恐羅漢山に登った。
牛小屋高原駐車場にはスキーヤーの車はあるが登山者の車は私達の車と4駆の軽一台だけ。夏焼峠への登山道の雪は湿っているが朝早いので意外とはまり難い
。夏焼峠で小休止して気持ちの良いブナ林を過ぎ台所原分岐では汗かきのランボーは半袖シャツになる。スキー場ゲレンデわきを上がる立山ルートの分岐から約10分で頂上に到着する。頂上で昼食を摂りワカンを装着して立山ルートを下る予定であったが山頂直下から踏み跡を辿って山岳会10人様一行に着いて行くと国設スキー場ゲレンデに出てしまった。まあ雪の時期にしか歩くことが無いのでこれも良しと思い下って行った。今回の雪は多いところで約60cmくらいであまり壷足にならず歩き易かった。
牛小屋センターハウス駐車場
夏焼峠への登山道
だんだん雪が深くなる
夏焼けのキビレ
青空に映える残雪を踏みしめて
台所原分岐
暑がりのランボーは半袖に・・・
立山分岐
頂上直下にある台所原への分岐
  
恐羅漢山頂上1346m
下りはワカンを装着する
OSORA国設スキー場ゲレンデを下る
深入山の遠望・雪が少ないのがわかる
ピッケルで滑落防止訓練する山岳会の人達
ヤドリギがいっぱい
今シーズン最後の滑りを楽しむスキーヤー
スキー場ゲレンデの案内板
大規模林道から恐羅漢山を振り返る
inserted by FC2 system