三鈷峰 標高1516m(鳥取県)

2005年7月16日(土) 天候:曇り

大山寺橋駐車場→(25分)→大神山神社→(45分)→下宝珠越→(125分)→ユートピア避難小屋(昼食・象ヶ鼻)→(15分)→三鈷峰→(30分)→砂すべり分岐→(60分)→大神山神社→(30分)→大山寺橋駐車場

合計コースタイム:330分(5時間30分)
来週の北アルプスの足慣らしと、ユートピアの花たちに会いに大山・三鈷峰に登った。
梅雨の合間なので天気を心配したが曇り空、1500m付近はガスがかかっている。大山寺の橋横の駐車場(スキーシーズン以外は無料)に車を置き出発する。大山寺の参道から石畳を行くと大神山神社に着く。
社殿を右に登山道を少し行くと分岐の標識があるので左の下宝珠越を目指す。下宝珠越までは正にヤマアジサイロードで紫の花がまぶしい。下宝珠越からの尾根道はところどころ先の地震で崩落した箇所があるが、さほど危険ではない。中宝珠越、上宝珠越を経て稜線に到着すると直ぐ右にユートピア避難小屋がある。このあたりは花の楽園である。
ナンゴククガイソウ、シモツケ、シュロソウ、ギボウシ等が咲き乱れ、時を忘れて写真を撮り続けた。
避難小屋の側で昼食を摂った後、剣ヶ峰側へ往復して避難小屋から稜線分岐まで戻り三鈷峰頂上をめざした。三鈷峰頂上直下も崩れていてロープが張ってある。頂上にはケルンが三個積まれてあり360度のパノラマのはずだが生憎の天候で展望は限られた範囲であった。帰りは砂すべりを下って元谷へ降りた。
大山寺の階段
大神山神社すぐ上の分岐
登山道はヤマアジサイロード
(画像をクリックしてください)

ヤマアジサイ
ヒラタケ
(お昼の食材に少しいただく)
宝珠尾根から三鈷峰を望む
ナンゴククガイソウ
ナンゴククガイソウ
シュロソウ
シュロソウのアップ
ユートピア避難小屋前から
振子山、親指ピーク、遠くに矢筈ヶ山
ナンゴククガイソウ
(画像をクリックしてください)
ナンゴククガイソウ群落
(画像をクリックしてください)
ダイセンオトギリ
オオバギボウシ
オオバギボウシ
ダイモンジソウ
ヤマオダマキ
カラマツソウ
シコクフウロ
シモツケ
象ヶ鼻方面から
ユートピア避難小屋を望む
振子山、親指ピーク、野田ヶ山
遠くに矢筈ヶ山を望む
蝶とアザミ
エゾノヨロイグサ
象ヶ鼻と北壁
北側が崩落している三鈷峰頂
イワキンバイ
三鈷峰頂上にて
砂すべ
inserted by FC2 system