劒岳 標高2999m(富山県)

2005年7月24日(日) 天候:曇り時々晴れ

雷鳥沢ヒュッテ→(130分)→別山乗越→(60分)→剣山荘→(40分)→一服剣→(70分)→前剣→(110分)山頂→(160分)→剣山荘
合計コースタイム:570分(9時間30分)


2005年7月25日(月) 天候:曇り時々晴れ

剣山荘→(100分)→別山乗越→(110分)→雷鳥沢ヒュッテ
合計コースタイム:210分(3時間30分)
4年前、立山の別山から見た剱岳、この時は雨のため断念。リベンジするため剱岳を24日から計画していたが台風7号が気になり23日に出発した。1日目は室堂からミクリガ池、地獄谷経由で雷鳥沢ヒュッテに泊る。2日目は雷鳥沢から別山乗越を経由して剣山荘へ。しかし25日が雨のようなので剣山荘に宿泊せずに一気に剱岳を目指した。
剣山荘からジグザグに上がると一服剱、ここから下ると武蔵のコルで武蔵谷に雪渓がある。岩稜帯を暫く行くと前剱大岩でヘルメットをかぶった学生さん達とすれ違う。前剱から平蔵のコルに到着するとコースは一方通行で、登りと、下りが別になっている。上りは「カニノタテバイ」と呼ばれる急峻な岩場を登り、さらにガラガラの岩場を登って行くと早月尾根への分岐点となり、あとわずかで頂上に到着する。登山開始が遅かったので下山する沢山の人達とすれ違ったけれど頂上は私達二人だけであった。生憎、遠望は無いが近くの八ツ峰、早月尾根がまじかに見え迫力があった。下山は往路を引き返す。難関は一方通行の「カニノヨコバイ」で慎重に足場を確保して渡る。ガイドブックで見るほどの怖さはない。ここを過ぎると長い垂直のステンレス製の長い梯子があり三点確保で降りる。平蔵のコルからは前剱、一服剱と往路を戻り剣山荘に泊る。
翌日、大日三山を縦走して称名滝に下る予定であったが雨になりそうなので下山した。
ミクリガ池
地獄谷を行く
ヒュッテ近くの雪渓でスキー教室
雷鳥平のテント場
木橋を渡って別山乗越へ
別山乗越への上り
別山乗越の剱御前小舎が見えてきた
別山乗越から剱岳が見える
(画像をクリックしてください)

剱御前手前の雪渓
雪渓を行く
一服剱から前剱への登山道で
出合ったライチョウ
門と呼ばれる鎖場
前剱頂上にて
前剱下って金属の橋を行く

写真では大した事がないように見えるが
手前が滑りそう、両側は谷で最も怖かっ
剱岳本峰
鎖場
カニノタテバイ
カニノタテバイ
剱岳山頂にて
剱岳山頂から八ツ峰を望む
(画像をクリックしてください)
下りのカニノヨコバイ
カニノヨコバイ
カニノヨコバイ下の梯子
一服剱と別山を望む
前剱を振り返る
剣山荘前で
「山と渓谷」6月号記載の創刊75周年
記念プレゼントに応募して当選しました
「山小屋無料宿泊券(ペアで1泊2日)」
立山三山と浄土山
(画像をクリックしてください)
雷鳥平へ下る
県警のヘリコプターがロッジ前で
人を降ろした

「立山・剱岳の花たち」を次ページに掲載しています。

inserted by FC2 system