最後の階段を下る 14:10

トンネル登山口の車が見えてくる

振り返れば「山火事用心」の垂れ幕が!

山犬切 1621m  (熊本県)

2012年5月12日(土) 天候:快晴

トンネル登山口駐車地 7:40→(25分)→石楠山西峰 8:05〜8:10→(15分)→石楠山東峰 8:25→(55分)→南山犬切 9:20〜9:25→(15分)→七遍巡り 9:40〜9:45→(30分)→山犬切峠(林道出合い) 10:15〜10:20→(25分)→北山犬切(昼食) 10:45〜11:35→(20分)→山犬切峠(林道出合い) 11:55〜12:00→(35分)→七遍巡り 12:35→(20分)→南山犬切 12:55→(40分)→石楠山東峰 13:35→(15分)→石楠山西峰 13:50→(20分)→トンネル登山口駐車地 14:10

合計歩行コースタイム:315分(5時間15分)



★今回はユックリ歩きではありませんが時間は目安程度にしてください

縦走路からトンネル登山口へ下る

南山犬切 12:55

七遍巡り 12:35

変わった形のブナ

マシュマロの様なヤマシャク

七遍巡り手前のヤマシャク自生地

ブナ林を行く

山犬切峠(林道出合い) 11:55

北山犬切頂上からの展望

北山犬切頂上のシャクナゲ

頂上のミツバツツジとシャクナゲ

北山犬切頂上(1,621m) 10:45〜11:35

北山犬切直下の石灰岩を行く

上福根山への分岐

北山犬切手前の上福根山分岐

トリカブトの中を進む

峠の標識では左だが上へ進む(標識の向きが悪い)

やはり石灰岩とバイケイソウがある

山犬切峠(林道出合い) 10:15〜10:20

トリカブトとヤマシャクの中を進む

足元にはニリンソウも多い

ヤマシャクより多いトリカブトの群落

七遍巡りを過ぎた鞍部上のヤマシャク自生地

真直ぐ北山犬切へ進む

七遍巡りは三叉路

七遍巡り 9:40

バイケイソウの中を行く

樹皮が剥がれて白くなった木はやがて倒れる運命か?

七遍巡りへ進む

南山犬切(1,561.7m) 9:20〜9:25

バイケイソウ群落の中にある標識

ヤマシャクヤク

南山犬切手前斜面のヤマシャク自生地

癒しのブナの森

小さなニョイスミレ

石楠山東峰 8:25

南山犬切方面へ進む

石楠越

ブナの巨木にびっくり

石楠山西峰から右へ進む

石楠山西峰 8:05〜8:10

新緑濃い縦走路を行く

縦走路に立つ標識(蕨野山は鷹巣山のことか?)

急坂を階段で上る

石楠山西峰手前の石楠越登山口標識

泉・五木トンネル北側登山口駐車地を出発 7:40

トンネルの右側にある標識

昨年秋、三俣山で出逢った都城の「わかばさん」の案内で九州脊梁山地の最奥部である山犬切に登りました。
道の駅・錦を出発して県道48号を経由、緑資源幹線林道を約1時間進むと通行止めの看板があるが泉・五木トンネルまでは進める。トンネルの北側の駐車地(4台ほど)に車をおく。
登山道はトンネルの右側の急な階段を上って行く。暫くすると縦走路にでる。縦走路を左にとり約15分で石楠山西峰に到着する。西峰から右の南山犬切方面へ行く。広い尾根の登山道はブナの新緑が気持ちよい。約15分で石楠山東峰に到着する。広い石楠越から南山犬切へ行くとバイケイソウが現れ最初のヤマシャク自生地に到着する。
バイケイソウ群落の中にある「山頂まで5分」の看板をやり過ごすと南山犬切に到着する。
南山犬切から約15分でだだっぴろい七遍巡りに到着する。同じような景色が続くので迷いやすい。
七遍巡りから暫くすると鞍部になり斜面にヤマシャクとトリカブトがびっしり群生している。ヤマシャクよりトリカブトの方が数は多い。トリカブトの中を上り小ピーク一つ乗り越えた先が山犬切峠(未舗装林道)である。「山火事用心」の垂れ幕がかかっている。ここもヤマシャク、トリカブトでいっぱいである。
またまたトリカブトの中を上がると上福根山分岐になる。北山犬切は少し右に行った所である。ゴツゴツした石灰岩の大岩を登りきると南東方面に展望が広がる岩峰の狭い頂上に到着する。頂上にはシャクナゲがあり丁度満開である。シャクナゲに囲まれて早い昼食を摂り往路を下る。
このコースはアップダウンは少ないが歩行時間がかかり道標はあるが赤いテープを確認して歩かないと迷うので注意が必要である。

案内して頂いた「わかばさん」大変お世話になり有難うございました。
Back
Top

ヤブツバキがひっそり咲いている

inserted by FC2 system