十勝岳  標高2077m (北海道)

2008年7月20日(日) 天候:曇り

望岳台登山口5:35→雲の平分岐6:30→十勝岳頂上9:10〜9:55→雲の平分岐11:45→望岳台登山口12:30

合計コースタイム:370分(6時間10分)
吹上温泉に来て雨やガスを避けて二日間待った。北海道に上陸して7日目にしてようやく山に登れる。今朝はガスが晴れるのを祈りながら登り始めた。時折ガスが取れるが相変わらずガスの中。展望が良ければ富良野岳、旭岳等の大雪連峰の山々が望めるのに・・・雲の平分岐までにはイワブクロが多く咲いていた。雲の平分岐あたりはイソツツジの大群落があるが既に花は終わっていた。ガスが無ければ分岐から美瑛岳に行く予定であったが断念して十勝岳へ向かう。火山砂礫のガレ場を登り詰めると尾根に取り付き火山灰の坦々とした登山道が続く。グランド火口、擂鉢火口を過ぎ急斜面を登りきると頂上に着く。展望の利かない頂上で昼食を摂り往路を下山する。
望岳台登山口駐車場
望岳台を出発する
タデ
雲ノ平あたりはシラタマノキの大群落がある
美瑛岳への分岐・雲の平分岐
エゾマルバシモツケ
ミヤマアキノキリンソウ
イワブクロの大株
ガレた登山道を登る
ガスが少し取れ
十勝岳頂上
往路を下山する
火山礫の崩落地
団体が上がって来た
グランド火口脇を下る
ガスが取れてきた
メアカンキンバイ
イワブクロ
望岳台が見えてきた
inserted by FC2 system